ブラントン(Blanton's)/バーボンウイスキー/ウイスキー販売、通販、価格比較、おすすめ紹介サイト

ブラントン(Blanton's)

ブラントンはケンタッキーの水があって初めて生まれるブラントンが生まれたフランクフォート周辺は、ライムストーン層をくぐり抜けた良質のスプリングウォーターに恵まれている。この清冽でピュアで引き締まった湧水が、ブラントンの仕込み水。アパラチア山脈に降った雨が湧水となり、ケンタッキーの空気と太陽を取り込みながら流れていく水。そのケンタッキーの自然の営みが、ブラントンが生まれる第一条件となっている。秋から冬にかけて仕込む。ブラントンは、秋から冬にかけて仕込まれる。これは仕込み水となるスプリングウォーターの温度が夏には上がり過ぎて発酵が不安定になるからである。樽に注ぎ込まれ、ウェアハウスに貯蔵されたブラントンにも細心の注意が払われる。ゆっくりとその熟成のピークを迎える年月がすばらしい品質を生みだすのである。H倉庫で神の手に委ね、時を待つ ブラントンとなる原酒は4回夏を越した後、ひと樽ごとにテイスティングされる。味わい、深み、香りを7人の官能検査員が確かめ、ブラントンにふさわしい予感を秘めた樽だけを選び出す。彼ら全員の厳しい判定を通った樽だけが、AからZまであるウェアハウスのH倉庫に移され、再び熟成の時を待つ。ブラントンがH倉庫のみで貯蔵される理由は、「芸術はデータに置き換えられるものではなく、そしてそれは、今まさに神の手に再び委ねられているから。」原酒たちは、ここでチャコール・フレーバーに円熟味を加え、静かに呼吸を繰り返し、神にその取り分を捧げながら、さらに4回のブルーグラスサマーを経験し、ブラントンになるのである。 こだわりのシングルバレル通常、バーボンは味の均一化のためいろいろな樽原酒をブレンドする。しかしシングルバレルバーボン・ブラントンは厳しいチェックにパスした原酒をただひとつの樽からのみボトリングする。たとえ同じブラントンとなる原酒の樽であっても混ぜ合わせることは決してしないのである。1樽の原酒からは約250本のブラントンだけ。選ばれた原酒はマイナス1度まで冷却され、16枚の特殊フィルターでろ過されボトルに詰められる。 手書きラベルに記された手作りの証しブラントンのラベルは、1枚1枚手で書き込まれる。すなわち、ひとつとして同じラベルはない。すべての工程を手作業で行うその証であり、唯一無二の誇りでもある。ボトルキャップをかざる8種のサラブレッドブラントンのボトルキャップは、ケンタッキーダービーのサラブレッド、8種類のフィギュアを冠している。

ブラントン(Blanton's)

ウイスキー

ブランデー

スピリッツ

リキュール

ワイン

ビール・発泡酒・第3のビール

日本酒

焼酎

梅酒

中国酒

トピックス(Topics)

Copyright(c) 2019 Bacchus酒(バッカスさけ) Inc. All Rights Reserved.