ストラスアイラ (Strathisla)/シングルモルトウイスキー販売、通販、比較、おすすめ紹介サイト


ページ及び商品検索


検索ワードを入力してください

ストラスアイラ (Strathisla)

スペイサイド

スペイサイドに位置する人口4,600人の町キース。この小さな町を流れるアイラ川を抱く20マイルに渡る広い谷(ストラス)に囲まれた場所に、ストラスアイラ蒸溜所があります。  創業は1786年。ハイランド地方に現存する最古の蒸溜所として、今なお優雅で美しいたたずまいが残されています。とりわけ外観を飾る双頭のパゴダ(アジアの仏寺の塔を思わせる屋根)は、蒸溜所建築における第一人者、チャールズ・ドイグの作品として有名。水車や石造りの建物とともに醸し出される印象は、この地を訪れる人々から「絵画のように美しい」と称賛されています。  蒸留所名によく登場する「グレン」はゲール語で「谷間」の意味。実は谷間を意味するゲール語はもう一つあり「ストラス」といる。違いは、グレンが狭い谷間を意味し、ストラスは広い谷間を意味する。ストラスアイラとは「アイラ川が流れる広い谷間」のことである。  ストラスアイラ12年を語る上で、忘れてはならない逸話があります。それが、水の妖精伝説。遠い昔から、ストラスアイラ蒸溜所の仕込み水の源「フォンズ・ブリエン」(ゲール語で「泡立つ泉」)の湧き水を汲み上げる井戸には、日が暮れると馬の姿をした水の精ケルピーが現れる、と言い伝えられてきました。  そして妖精は、蒸溜所の大切な水と井戸を守り続けてくれたとされています。今なお語り継がれるこうした伝説は、水にこだわるストラスアイラ12年をロマンチックに象徴しています。  ストラスアイラ12年の製法は、伝統を頑ななまでに継承しています。蒸溜所近くの泉から湧く澄んだ水を水車で汲み上げ、木製のウォッシュバック(発酵槽)で仕込み、大事に手入れされた銅製ポットスチル(蒸留釜)で石炭によって直火蒸留するのは、まさに昔ながらの製法です。  シーバスリーガルの核となるモルト原酒です。 創業年:1786年 仕込み水:フォンズ・ブリエンの泉 ポットスチル:ボール型、ランタンヘッド型 初留釜x2基 再留釜x2基 ブレンド銘柄:シーバスリーガル、ロイヤルサルート、100パイパーズ ゲール語:アイラ川が流れる広い谷間

オフィシャル

ボトラーズ

Copyright(c) 2020 Bacchus酒(バッカス酒)Inc. All Rights Reserved.